廃車がお金になる?!

廃車にする前に

廃車にする前に無料の査定だけでもしてみませんか?

 

思わぬ高値が付く可能性だってあります。

 

廃車費用を取られると思っていたら、逆におカネがもらえた!なんてことになるかもしれません。

 

↓↓まずは、無料査定だけでもどうぞ↓↓

 

 

廃車:抹消登録

自動車を持っている人が抹消登録の手続きをすれば、ナンバープレートが外されて廃車となります。この抹消登録のことを一般に廃車といいます。

 

@登録自動車・軽自動車

 

抹消登録は、道路運送車両法第15条に基づき、手続きが行われるのですが、永久抹消登録と同法16条の一時抹消登録の二種類のうち、ひとつを自動車オーナーが選ぶことになります。登録自動車の場合には、陸運支局、軽自動車の場合には軽自動車検査協会で、廃車手続きをすることになります。

 

@永久抹消登録

 

道路運送車両法第15条に基づいた廃車手続きで、15条末梢と略して言われることもあります。自動車を解体したりしたために、再び乗ることが出来ない場合の手続きとなっています。車の解体を前提にした手続きで、抹消手続きをしてしまうと再登録に必要である抹消登録証明書の交付は受けられません。ですから、この永久抹消登録手続きを一度受けてしまった場合には、もう二度と日本国内では、車を動かすことが出来ないのですが、乗車目的以外での再利用はできます。

 

@一時抹消登録

 

道路運送車両法第16条に基づいた廃車手続きの場合、16条抹消と言われることもあります。自動車の使用を一時的に中止するための手続きです。クルマのオーナーが長い間自動車に乗らない場合に行います。入院をする、海外へ出張になるなど何らかの理由で、一時的に自動車に乗らない場合にこの一時抹消登録手続きを行います。この手続きを行うと抹消登録証明書が交付されて、後日日本で再度登録して車を運転することは可能です。しかし車が万が一盗難されるなど行方不明になった時には、登録は不可能で永久抹消になります。抹消登録を行った車でも海外への輸出は可能ですが、その時は、運輸支局から、輸出抹消仮登録証明書を発行してもらわなくてはいけません。なお、一時抹消登録を受けている車のなかで、一時抹消をした後に、抹消登録証明書をなくしてしまったと言うケースでは、抹消登録証明書の再発行はしてもらえませんし、再登録は難しくなります。二輪車の場合は、抹消登録証明書の有無によって書付きと呼ばれたり書無しと呼ばれたりします。完全な形でまだまだ動く車両であっても、書無しの場合には、再登録が事実上は不可能なので、部品取り以外には価値がないと見なされます。こうした車両でも、一旦外国に輸出して再輸入をした上で、再登録をするという方法もありますが、かなり時間もお金もかかりますから、あまり希少価値の高い車以外では行われることはありません。その反対にほとんど全損しているようなフレームの場合でも書付きなら、職権打刻等の正規手続きをふめば、他のフレームにフレームナンバーを移動することで再登録は可能です。希少価値の高い車の場合には、変形や全損していても、高い値段で売買されることもあります。個人での売買については、書付き書無しの説明がしっかりと行われていないことが原因で、トラブルになってしまうこともよくありますから、個人で車を売買する際には必ず確認した上で取引をするようにしましょう。