車検

ホリデー車検

ホリデー車検は、全国236店舗にホリデー車検を展開する車検整備工場のチェーンです。

 

ホリデー車検のチェーン店は、地域を代表する優良整備工場であり、国土交通省から指定された民間車検工場です。

 

お客様立会いのもと、検査・点検の結果を、国家資格を持った整備士がわかりやすく説明いたします。車検の時間も30分〜60分、明朗会計の低価格で安心です。ぜひ、一度ご利用ください。

 

↓↓ホリデー車検 詳細は↓↓

 

ホリデー車検 車検

車検:抹消登録

軽自動車と小型特殊自動車、二輪自動車を除く自動車は、登録を受けていない場合には運転してはいけないと、道路運送車両法第四条で定められています。登録をしなければ、自動車の所有権は第三者に対抗することが出来ないことも道路運送車両法第五条で決められています。車検は、道路運送車両法で、新規検査と、継続検査、構造等変更検査の三つに分けられていますが、新規検査の場合、新車として納品する前に販売元のディーラーが代行して行いますから、一般的に言う車検は、継続検査のことを意味していることが多いでしょう。登録にもいくつか種類があり、新規登録、変更登録、移転登録、永久抹消登録、輸出抹消登録、一時抹消登録に分けられています。

 

@車検の種類

 

1新規検査

  その日のうちに検査と登録を行って、自動車検査証の交付を受けるための検査です。新車のときには、製造メーカーが発行している完成検査終了証の有効期間内なら、この検査を受けなくてもいいのですが、有効期間が過ぎている場合や、一時抹消状態にある中古の車を登録し直す場合、新車でも諸元を変更する場合は、検査を受けなければいけません。一時抹消中の中古車を検査して登録する時には抹消登録新規車と呼んでいます。完成検査終了証の有効期限が切れている場合の検査や登録は、完成検査終了証切新規車と呼び、区別されています。

 

2予備検査 

 車検当日は検査だけを行って、その後新規登録をする検査のことを予備検査と言います。多くの場合、中古車販売店、並行輸入業者などが、前もって受けることで、販売契約が成立したときには、納車をスムーズに執り行うことが出来るので、時間を短縮することが出来ます。予備検査証の交付を受けてから3か月以内なら書類だけの審査で新規に登録可能です。

 

 

3構造等変更検査

 

 自動車のサイズや重さ、乗車定員や用途、エンジンの型式といった自動車の諸元変更がある場合に行われる検査です。

 

4継続検査

 

 継続検査が一般的によく言われている車検です。今現在のっている自動車の自動車検査証の有効期限を延長させる為に行う検査です。同じ車両を一定期間継続して乗る際に受けます。

 

@登録の種類

 

1新規登録

 新車や輸入車で未登録、中古車の一時抹消状態から、新しく自動車を使う際に行う登録を言います。登録番号がここで決まります。

 

2変更登録

 自動車登録番号が変わったり、結婚したことによって名前が変わる、引越しをして住所が変わった、所有者の名前や住所変更、使う本拠位置の変更などを行う登録です。

 

3移転登録

 移転登録はよく言うところの名義変更です。所有者が変わったり所有権の移転の際に行う登録です。

 

4抹消登録

 

5一時抹消

 一時的に車に乗らなくなったり、車検切れの状態で車を売却する際に行う登録です。新規登録を受ければ再度乗ることは可能です。

 

6永久抹消

 解体などで、再度使用することがない場合の登録です。自動車リサイクル法に基づいた解体処理が終了しないと永久抹消も出来ません。車検の有効期間が残っていた場合には、自動車重量税は還付されます。

 

7輸出抹消

 

中古車として輸出する場合に行われる登録です。登録識別情報等通知書には輸出予定届け出済みと表記され、日本での再登録は基本的に出来ない仕組みになっています。

 

8職権抹消

  検査対象の自動車で、有効期限が切れて3年間に抹消登録をしなければ、登録してある管轄の運輸支局長の職権により、所有者に確認した上で永久抹消扱いになる登録制度です。